PLEATS! MENU

「 プリーツの加工法 」 一覧

プリーツ加工業者をご紹介!『大牧縫製株式会社』

企画・製作・販売まで自社で行う一括対応 1974年に福井県坂井市で創業した、「大牧縫製株式会社」。 マシンプリーツやハンドプリーツでの製品の製造を中心として、加工・縫製まで一貫して対応するため

続きを見る

プリーツ加工業者をご紹介!『株式会社三協』

プリーツ機械の製造・修理業として創業 1965年京都市の右京区に「三協鉄工所」として創業した「株式会社三協」。 その後1988年にプリーツの加工業を行う「YS企画」(旧社名マルカン)を設立しました

続きを見る

プリーツのひだを成形する、熱可塑性(ねつ-かそせい)とは?

熱可塑性(ねつ-かそせい)とは、加熱する中で変形(成形)させた後、冷却することで固くなり、変形(成形)を保持する性質のことです。合成繊維(特にポリエステル)に多く見られます。 ※常温では変形

続きを見る

プリーツ製品のヒダに関する対処法 〜MAXプリーツ編〜

MAXプリーツのヒダに関する対処法のご紹介です! うっかり、プリーツスカートを雨にぬらしてしまったり、座りジワをつけてしまった時は次のように、対処することをオススメします。 ★雨にぬれた場

続きを見る

MAXプリーツ加工とは?天然素材に施すプリーツ加工法。

これ以上ない夢のプリーツという意味を込めて「MAX PLEATS」 (オザキプリーツより引用) 株式会社オザキプリーツが開発した、天然素材に施すプリーツ加工法の一つです。 この加工法は、ポリ

続きを見る

プリーツ製品の形状記憶加工とは?カーテンに使われる加工法!

プリーツ加工法の一つです。 スチームなどを長時間あてることによりプリーツ(ひだ)を作ります。 メーカーにより異なりますが、通常5回程度のお洗濯でとれてしまいます。

続きを見る

プリーツ製品の形態安定加工とは?カーテンに使われる加工法!

プリーツ加工法の一つです。 短時間、スチームなどをあてることにより、プリーツを作ります。 メーカーにより異なりますが、通常3回ほどのお洗濯でとれてしまいます。

続きを見る

プリーツスカートを裾上げするには? 〜バイアステープ編〜

【バイアステープ編】 プリーツスカートを裾上げするには? プリーツスカートを広げ、裾の長さを計る。 長さに合わせたバイアステープを用意する。 裾の上げ代を決めて断ち切りした部分をジグ

続きを見る

プリーツ製品のリントラク加工とは?折り目を維持する大発明!?

ザ・ウールマーク・カンパニー(I.W.S.)が開発した専用樹脂を生地の裏地に塗布する加工のことです。 【特徴】 薄地、モヘヤなどのかたい繊維、透けやすい繊維はは適さないが、その他、ほとんどの

続きを見る

パーマネントプリーツ加工とは?シワができにくくアイロンいらず!

半永久的にその型を保つ加工法が施されたプリーツのことを指します。 加工法として、コットン(綿)、麻、レーヨンなどの布生地に樹脂加工した上で、高温処理をします。略してPP加工とも言います。樹脂は熱可塑

続きを見る

シロセット加工とは?ウール素材もプリーツ加工が可能になる!

オーストラリアの連邦科学産業機構(CSIRO)で開発されたシロセット加工は、ウールを還元性セット剤の存在下で蒸熱して襞を与える方法です。この方法は、従来の加工を上回るものとなりました。従来、親水性の羊

続きを見る

プリーツ加工に適した素材。熱可塑性を利用できる合成繊維が最適!

プリーツ加工に適した素材について 合成繊維とプリーツ加工 合成繊維が高混率の布は、その熱可塑性を利用したパーマネントプリーツ加工が可能なため、適しています。 こちらのプリーツスカートは合

続きを見る

プリーツとは?スカートによく使われる襞(ヒダ=折り目)加工。

布を折り畳み、襞(ヒダ=折り目)を作る加工のことです。 熱可塑性を利用しているため、雨などで簡単にとれることはなく、ヒダによって衣服(スカート・ブラウス・ズボン・飾りレースなど)に運動性を持たせ、立

続きを見る

PAGE TOP ↑
Google+