PLEATS! MENU

注目の国内ブランドHIBIが遂にオープン!

今季の注目ブランドが満を持して登場です!レディース・メンズ・服飾雑貨を扱う『HIBI 【日日】』をご紹介します。

続きを見る

プリーツの歴史 男のプリーツ!トルコの民族衣装“フスタネーラ”

公開日: : 最終更新日:2014/09/18 プリーツスカートの歴史

男性用のプリーツはキルトスカート以外にも

プリーツが施された民族衣装は、スコットランドのキルトだけかな?と思っていましたが、探してみると意外にもあるものですね! (キルトについて、詳しくはこちら▶「キルト・スカートとは?男性用スコットランドの民族衣装!」) 男のプリーツ!フスタネーラ

民族衣装フスタネーラ

今回、発見したのは、バルカン半島の男性用民族衣装です。バルカン半島はヨーロッパの東南部に位置します。10カ国(マケドニア共和国/セルビア/モンテネグロ/クロアチア/ボスニア/ヘルツェゴビナ/トルコ/ギリシャ/アルバニア/ブルガリア)の一部が集結した地域とされています。その諸国の男性が着用している民族衣装をフスタネーラと言います。

ディズニーランドでミッキーも

このフスタネーラを身近に感じる方は少ないかと思いますが、実は、千葉県が誇るディズニーランドのメインキャラクター「ミッキーマウス」の衣装としても着用されていました。(2013年5月25日〜27日開催のギリシャをテーマにしたイベント「Opa!」にて着用)真っ白い生地に施されたプリーツが何とも印象的です。

ビザンツ帝国の時代から

このフスタネーラの起源は、古代ギリシャ(ビザンツ帝国の時代)にあります。この時代はまだフスタネーラという名前ではなく、ポデアと呼ばれていました。オスマン帝国の時代より、フスタネーラという名前で呼ばれるようになります。主に山賊や隊員などが着用していましたが、19世紀、ついに民族全体が着用するようになります!民族衣装となったフスタネーラの素材は、木綿でできており、現代のスカートと同様の製作方法で作られています。
コーディネートは、簡単!上衣はトルコ風の腰丈ベスト。下衣はフスタネーラを腰で結き、その上に帯を締めます。白タイツと靴(黒いポンポンがついた革製の物)をはき、完成です。

民族衣装に興味をもった方にはこちらがオススメ♪

100年前の写真で見る 世界の民族衣装

ナショナル ジオグラフィック 編集
¥ 2,808

100年前の写真で見る 世界の民族衣装 購入はこちら

世界の衣装

アフロ 著
¥ 1,944

世界の衣装 購入はこちら

一〇〇年前の世界一周

ボリス・マルタン 著
¥ 3,024

一〇〇年前の世界一周 購入はこちら

関連記事

プリーツの歴史について参考資料エジプトの壁画

プリーツの歴史。古代エジプト、ネフェルティティの時代から。

プリーツの歴史は長く,紀元前3000年頃の古代エジプトで、王や王妃などの衣服(腰衣)に用いられていま

記事を読む

キルトスカートのイメージ画像

キルト・スカートとは?男性用!スコットランドの民族衣装!

スコットランドの民族衣装で、プリーツが施されたタータン柄の腰巻きを指します。キルトの歴史は古く、10

記事を読む

PAGE TOP ↑
Google+