PLEATS! MENU

「 月別アーカイブ:2013年12月 」 一覧

プリーツ製品の形状記憶加工とは?カーテンに使われる加工法!

プリーツ加工法の一つです。 スチームなどを長時間あてることによりプリーツ(ひだ)を作ります。 メーカーにより異なりますが、通常5回程度のお洗濯でとれてしまいます。

続きを見る

プリーツ製品の形態安定加工とは?カーテンに使われる加工法!

プリーツ加工法の一つです。 短時間、スチームなどをあてることにより、プリーツを作ります。 メーカーにより異なりますが、通常3回ほどのお洗濯でとれてしまいます。

続きを見る

プリーツカーテンとは?ウェーブするカーテン!実はプリーツ加工!

プリーツ加工が施されたカーテンです。 薬剤を使わないため、使用にも環境にも安心です。吊り姿や広がりがちな裾部分のウェーブが美しく、開いた状態ではすっきりとまとまった印象で、収納時の収まりもきれいに保

続きを見る

プリーツスカート・プリーツ製品の洗濯方法! 〜学校の制服編〜

制服のプリーツスカートを家でお洗濯! まずは取り扱い絵表示タグを確認し、洗濯可能、またはドライクリーニングへ出すべきか判断しましょう。 洗濯手順 ファスナーがある場合はしめ、取り外し可能なボタン

続きを見る

プリーツスカートを裾上げするには? 〜バイアステープ編〜

【バイアステープ編】 プリーツスカートを裾上げするには? プリーツスカートを広げ、裾の長さを計る。 長さに合わせたバイアステープを用意する。 裾の上げ代を決めて断ち切りした部分をジグ

続きを見る

プリーツ製品のリントラク加工とは?折り目を維持する大発明!?

ザ・ウールマーク・カンパニー(I.W.S.)が開発した専用樹脂を生地の裏地に塗布する加工のことです。 【特徴】 薄地、モヘヤなどのかたい繊維、透けやすい繊維はは適さないが、その他、ほとんどの

続きを見る

プリーツ製品の洗濯方法(合成繊維)。お役立ち情報。

プリーツ加工のかかった製品を洗濯する方法をご紹介します! ★合成繊維の場合★ 中性洗剤をぬるま湯(30〜40℃)に溶かし、よく泡立てます。 製品をつけ、軽くふり洗いして汚れが気になる部分

続きを見る

プリーツ製品の襞が甘くなった場合の対処法。ボックスプリーツなどに!

【合成繊維の場合】 ポリエステル等の合成繊維の多くは熱可塑性を利用してプリーツ加工がされていますので、着用でプリーツが甘くなったり、消失したりすることは少ないですが、乾燥機など熱の影響を受けると、加

続きを見る

パーマネントプリーツ加工とは?シワができにくくアイロンいらず!

半永久的にその型を保つ加工法が施されたプリーツのことを指します。 加工法として、コットン(綿)、麻、レーヨンなどの布生地に樹脂加工した上で、高温処理をします。略してPP加工とも言います。樹脂は熱可塑

続きを見る

プリーツの種類。アコーディオンやアンブレラ、ボックスなど!

プリーツは襞の幅や形によって、立体的・平面的なプリーツとなり、名称が異なります。 主な立体的なプリーツ アコーディオン・プリーツ アコーディオン(楽器)の蛇腹部分のようなひだを“アコー

続きを見る

シロセット加工とは?ウール素材もプリーツ加工が可能になる!

オーストラリアの連邦科学産業機構(CSIRO)で開発されたシロセット加工は、ウールを還元性セット剤の存在下で蒸熱して襞を与える方法です。この方法は、従来の加工を上回るものとなりました。従来、親水性の羊

続きを見る

プリーツ加工に適した素材。熱可塑性を利用できる合成繊維が最適!

プリーツ加工に適した素材について 合成繊維とプリーツ加工 合成繊維が高混率の布は、その熱可塑性を利用したパーマネントプリーツ加工が可能なため、適しています。 こちらのプリーツスカートは合

続きを見る

プリーツ製品の様々な加工方法。プリーツ加工には様々な方法が!

プリーツ加工には様々な加工方法があります。 ここでは下記3種類をご紹介します。 ハンドプリーツ:厚い型紙をつくり裁断された部品の布を1枚ずつ型紙に挟み、加熱するタイプ。 ハンドプリーツ

続きを見る

プリーツの歴史。古代エジプト、ネフェルティティの時代から。

プリーツの歴史は長く,紀元前3000年頃の古代エジプトで、王や王妃などの衣服(腰衣)に用いられていました。 ネフェルティティの像に見られるプリーツが世界最古と言われています。 その薄い麻地に放射線

続きを見る

プリーツとは?スカートによく使われる襞(ヒダ=折り目)加工。

布を折り畳み、襞(ヒダ=折り目)を作る加工のことです。 熱可塑性を利用しているため、雨などで簡単にとれることはなく、ヒダによって衣服(スカート・ブラウス・ズボン・飾りレースなど)に運動性を持たせ、立

続きを見る

PAGE TOP ↑
Google+